豊橋技術科学大学 情報・知能工学系

日本語 English

アドミッションポリシーと到達目標

アドミッションポリシー

 

情報・知能工学課程では、次世代の高度・大規模システムのための技術、生命・自然・社会の知に基づく新しい情報科学、およびこれらの応用技術を修得し、あらゆる産業分野において先端情報システムの創造を担うことのできる実践力・創造力・指導力を備えた技術者の養成を目指しています。そのため、次のような学生を広く求めます。

  • 情報工学・情報通信工学、ならびに情報科学に広く興味を持ち、それらの最先端分野の開拓や応用分野への展開に意欲がある人
  • 自然科学、数学、情報に関する基礎的な知識、論理的思考能力を持つ人
  • 国際コミュニケーション能力を身につけ、国内外での活躍を志す人

 

学習・教育到達目標

 

本課程においては、豊橋技術科学大学工学部ディプロマポリシーに基づき、情報・知能工学課程の専門教育を履修し、以下の知識と能力を備え、学則等に定める卒業、学位授与の要件を満たした学生に、「学士( 工学)」の学位を授与します。

(A)幅広い人間性と考え方
人間社会を地球的な視点から多面的にとらえ、自然と人間との共生、人類の幸福・健康・福祉について考える能力

(B)技術者としての正しい倫理観と社会性
技術者としての専門的・倫理的責任を自覚し、社会における技術的課題を設定・解決・評価する能力

(C)技術を科学的にとらえるための基礎力とその活用力
数学・自然科学・情報技術、地球環境対応技術の科目を修得することにより、科学技術に関する基礎知識を修得し、それらを活用できる能力

(D)技術を科学する分析力、論理的思考力、デザイン力、実行力
技術科学分野の専門技術に関する知識を修得し、それらを問題解決に応用できる実践的・創造的能力

(D1) 情報・知能工学の基盤となる数学、データ構造とアルゴリズム、計算機アーキテクチャ、プログラミング、情報ネットワーク等の諸学問に関する知識を獲得し、それらを問題解決に応用できる実践的・創造的能力
(D2) 実験を計画・遂行し、データを正確に解析し、技術科学的な視点から考察し、説明する能力
(D3) 技術者が経験する実際上の問題点と課題を理解し、諸問題の工学的な解決を行うためのデザイン力と与えられた制限下で仕事をまとめあげる実行力
(D4) 情報工学コースおよび知能情報システムコースの1つの専門コースについて、幅広い専門知識と運用能力
(D5) 研究開発した技術の技術移転、知財関係、マネジメントの基礎的知識

(E)国内外において活躍できる表現力・コミュニケーション力
自分の論点や考えなどを国内外において効果的に表現し、コミュニケーションする能力

(F)最新の技術や社会環境の変化に対する探究心と持続的学習力
社会、環境、技術等の変化に対応して、生涯にわたって自発的に学習する能力

(G)チームで仕事をするための能力
チーム内の個々の要員の価値観を互いに尊重するとともに、協調して、チームとしての目標達成に寄与することができる能力