豊橋技術科学大学 情報・知能工学系

日本語 English

研究分野とコースについて

研究分野とコースについて

 

情報・知能工学系では、計算機を核とする高度情報化・知的社会のインフラを支える基盤技術、例えば、アルゴリズムや計算理論を含むソフトウェア技術、組込みを含むコンピュータの構築技術、インターネットの利用技術、マルチメディア情報処理、ヒューマン・インタフェース技術、生体情報処理メカニズムの解明、生命・自然・社会の知のモデル化、先端的な大規模ソフトウェア・システム構築技術など、基盤技術から応用技術まで幅広い情報処理技術全般の教育・研究を任務としています。

情報・知能工学系の教員の研究分野は、このような幅広い学問分野の教育・研究をカバーするように「計算機数理科学」「データ情報学」「ヒューマン・ブレイン情報学」「メディア・ロボット情報学」から成ります。これらの分野は互いに密接に関連しており、IT・ICT やAI 技術の進化に合わせてダイナミックに対応可能な組織構成となっています。

「計算機数理科学」分野の代表的な研究には、離散最適化手法、高信頼化・高速化・省電力化のための計算機アーキテクチャ、並列分散処理・組込みシステム、語学学習システムの研究などが含まれます。「データ情報学」分野の代表的な研究には、ビッグデータの知的処理のための機械学習、音声・自然言語処理、機械翻訳、テキスト・マルチメディアデータを対象とする検索やマイニングなどの研究が含まれます。「ヒューマン・ブレイン情報学」分野では、人間の視覚・聴覚に関する心理物理学や認知科学、脳情報処理に関する計算理論研究やモデリング、シミュレーション、脳機械インタフェース、バーチャルリアリティなど脳工学の高度化に関する研究などが含まれます。「メディア・ロボット情報学」分野では、自律知能ロボット、人とロボットのコミュニケーション、社会的関係の形成に向けた社会的・関係論的ロボティクス、ユビキタスコミュニケーション社会を見据えた環境センシング、画像や音声等のマルチメディアデータの先進的な解析・加工技術、仮想と現実を融合させるヒューマンインターフェース技術などの研究が含まれます。さらに、分野横断的な研究として、先進的なソフトウェア開発、人と機械とのインタフェース、Web データ処理など、幅広いIT・ICT やAI 技術を研究しています。

教育の面では、情報・知能工学専攻では「コンピュータ・データサイエンスコース」「ヒューマン・マシンインテリジェンスコース」の2 コースを導入し、幅広い知識とともに特定の分野についてはより深く学ぶ機会を提供しています。ただし、どちらのコースの学生も、これらコースに関係なく、希望する工学分野の研究室に所属することができます。また、国際化・グローバル化に対応できる、語学のスキル向上のためのカリキュラム、プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力の向上を目指した博士前期課程までの一貫教育を行う点にも特徴があります。

就職に関して、情報・知能工学分野は、様々な分野のなかでも企業からの求人が特に多く、また、多種多様な業種をカバーするという点で魅力的と言えます。これは、IT・ICT やAI 技術が社会を支える基盤技術になってきたことだけでなく、リーダーシップを有し、グローバル、かつ長期的な視点から、柔軟な発想で情報基幹システムを支える有能な人材が今後も多様な分野で必要とされていることを意味します。

また、博士前期課程において技術的専門性を極めたのちに、博士後期課程に進学し、国際的な視点と独創性を兼ね備え、リーダーシップを発揮できる高度上級技術者・研究者を目指す道も用意されています。先端技術の高度化・融合化やますますグローバル化する社会に対応するため、高い専門性に加え幅広い視野・見識を持ち、情報・知能工学分野で新しい時代を切り拓く創造的・指導的人材が求められています。

本学の情報・知能工学課程・専攻で多くの情報技術を意欲的に吸収し、社会の第一線で活躍したい皆さんを大いに歓迎します。