情報・知能工学系の紹介

情報・知能工学系では、計算機を核とする高度情報化・知 的社会のインフラを支える基盤技術、例えば、アルゴリズ ムや計算理論を含むソフトウェア技術、並列処理や組込み 計算機を含むコンピュータの構築技術、Webや携帯端末を 用いたインターネットの利用技術、多言語テキスト・音声・ 画像などのマルチメディア情報処理、ヒューマン・インター フェース技術、人間と情報システムの共生を目指すロボッ ト情報学やユビキタスコンピューティング、生体情報処理 メカニズムの解明、ヒトの生体情報処理技術や生命・自然・ 社会の知のモデル化、先端的な大規模ソフトウェア・シス テム構築技術や計算機科学への応用など、基盤技術から応 用技術まで幅広い情報処理技術全般の教育・研究を任務と しています。

情報・知能工学系の教員の研究分野は、このような幅広い 学問分野の教育・研究をカバーするように「計算機数理科 学」、「データ情報学」、「ヒューマン・ブレイン情報学」、「メディ ア・ロボット情報学」から成ります。これらの分野は互い に密接に関連しており、ITやICT技術の進化に合わせてダイ ナミックに対応可能な組織構成となっています。

以上のように、分野横断的な研究を含め、基盤技術から応 用技術まで幅広く「情報・知能」技術科学の研究を行って いる点が情報・知能工学系の特色です。

各研究分野の紹介

  • 計算機数理科学分野 (Computer & Mathematical Sciences)
    1. 離散最適化の手法ならびにアルゴリズム全般、高信 頼化・高速化・省電力化のための計算機アーキテクチャ、 並列分散処理・組込みシステム、語学学習システムにつ いて研究しています。
    2. 知能・生命をシステム科学的接近法により考究する人 工知能および新たな知能情報システムの設計・開発の ためのエージェント技術、群知能、複雑系情報科学、 免疫生命情報学、バイオインテリジェンスの研究を行っ ています。
    3. 類似性の概念を積極的に活用した医薬品探索技術、薬 物構造データマイニング技法の開発と知識発見、並列 計算機と分子および量子シミュレーションに基づくバ イオ・ナノマテリアル理論設計などの研究を行ってい ます。
  • データ情報学分野 (Data Informatics)
    1. インターネット上に日々爆発的に蓄積されるビッグデー タを知的に処理するための基盤として機械学習を研究 しています。
    2. ビッグデータを基盤に未来を切り拓く技術である、音 声・自然言語処理、機械翻訳、および、テキスト・マ ルチメディアデータ・ゲノム等生命情報を対象とする 検索やマイニング等に研究を展開しています。
  • ヒューマン・ブレイン情報学分野 (Human & Brain Informatics)
    1. ヒトや動物の認知行動について電気生理学的測定や脳 機能計測、心理物理実験nを行い、脳と心と身体をつ なぐ情報処理のしくみを視聴覚から社会的認知・コミュ ニケーションの問題に渡って解明します。
    2. 脳情報処理について計算機理論研究やモデリング、シ ミュレーションを行い、情報工学的理解の深化とそれ に基づく革新的技術の創出を行います。
    3. 実験と計算から得られた脳情報処理についての先端的 知見を適用して、脳機械インターフェースやバーチャ ル・リアリティなど脳工学の高度化を行います。
  • メディア・ロボット情報学分野 (Media Informatics & Robotics)
    1. 自ら環境を認識し行動する自律知能ロボット、人とロ ボットのコミュニケーション、社会的関係の形成に向 けた社会的・関係論的ロボティクス等の、次世代ロボッ ト技術を研究しています。
    2. ユビキタスコミュニケーション社会を見据えた環境セ ンシングと人の行動・認知モデルに基づく、産業活動 /医療福祉/日常生活を支えるシステムの基盤・応用技 術の研究を行っています。
    3. 画像や音声等のマルチメディアデータの先進的な解析・ 加工技術と伝送・表示技術に基づく、仮想と現実を融 合させるヒューマンインターフェース技術の研究会開 発を行っています。

コース紹介

教育の面では、情報・知能工学課程および情報・知能工学 専攻は「情報工学コース」「知能情報システムコース」の 2コースを導入し、幅広い知識とともに特定の分野について はより深く学ぶ機会を提供しています。ただし、どちらの コースの学生も、これらコースに関係なく、希望する工学 分野の研究室に所属することができます。また、国際化・ グローバル化に対応できる、語学のスキル向上のためのカ リキュラム、プレゼンテーション能力やコミュニケーショ ン能力の向上を目指した博士前期課程までの一貫教育を行 う点にも特徴があります。就職に関して、情報・知能工学 分野は、様々な分野のなかでも企業からの求人が特に多く、 また、多種多様な業種をカバーするという点で魅力的と言 えます。これは、IT技術やICT技術が社会を支える基盤技術 になってきたことだけでなく、リーダーシップを有し、グ ローバル、かつ長期的な視点から、柔軟な発想で情報基幹 システムを支える有能な人材が今後も多様な分野で必要と されていることを意味します。

本学の情報・知能工学課程・専攻で多くの情報技術を意欲 的に吸収し、社会の第一線で活躍したい皆さんを大いに歓 迎します。

    情報工学コース

    次世代情報処理の基盤技術を担う人材養成に向けて

    次世代の高度・大規模情報システムを構築するための計算の 基礎理論(計算原理、オートマトン、アルゴリズム)、計算 機アーキテクチャ(高速・低電力・省メモリ化)、計算機ソ フトウェア(OS、コンパイラ、プログラミング言語、設計論、 ネットワーク)、分散並列処理や組込みシステムなどの技術 開発を担うコンピュータ技術者を養成します。 また、ロボティクス、ユビキタス・センサ・ネットワーク等 の次世代システムを設計し実現するための先進的なハードウェ ア/ソフトウェア開発、人と機械とのインタフェース等を修 得し、実践的・創造的・指導的能力を備えた人材を養成しま す。

    知能情報システムコース

    知識とIT の融合による高度情報処理技術を担う人材養成 に向けて

    人間の生活にかかわる知能・社会ロボット開発のための情報 基盤技術や、人間の知能処理のメカニズムに基づいたWeb デー タ、音声、画像、言語、およびセンサ信号処理などのマルチ メディア情報処理とそれらの融合技術などの開発を担う情報 処理技術者を養成します。 また、自然科学や社会・人文科学、および環境・バイオ科学 などの広範な学問分野で情報処理技術を活用するシミュレー ション技術や量子計算技術、さらには未来社会ネットワーク での応用技術などを修得し、激変する社会情勢の中で出現す る新産業分野に対し、科学的およびシステム的な思考を有す る人材を養成します。

 

〒441-8580 愛知県豊橋市天伯町雲雀ヶ丘1-1   Copyright (c) 国立大学法人 豊橋技術科学大学 All rights reserved.